柏市立南部中学校

〒277-0054 柏市南増尾6丁目16番1号
TEL:04-7173-7943 FAX:04-7174-5890


このホームページの情報及び著作権は、柏市立南部中学校に帰属します。
コンテンツの無断使用、無断転載、及び無断リンクは禁じます。

 

学校情報

柏市立南部中学校
〒277-0054
柏市南増尾6丁目16-1
TEL:04-7173-7943
FAX:04-7174-5890
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。

 

カウンタ

COUNTER157305

南部中ニュース 平成26年度

南部中ニュース(H26年度)
12345
2015/03/31

平成27年 辞校式挙行

| by システム管理者
平成26年度の辞校式が行われ、16名の先生方が転退職されました。
寂しくなりますが、ますますのご活躍をお祈りしております。
地域の皆様、保護者の皆様そして生徒諸君、今までありがとう御座いました。

<転退職職員>

・近藤真彦教頭 (柏市教育委員会へ)
・岡田智則教諭 (千葉県立東葛飾高等学校へ)
・福原久雄教諭 (野田市立福田中学校教頭へ)
・藤川貴久教諭 (我孫子市立布佐中学校へ)
・小寺隆文教諭 (柏市立中原中学校へ)
・竹田怜史教諭 (柏市立田中中学校へ)
・鈴木紗矢香教諭(柏市立手賀中学校へ)
・額賀すみ江教諭(柏市立柏第三中学校へ)
・松尾 清教諭 (柏市立柏第二中学校へ)
・大東富雄教諭 (柏市立柏第五中学校へ)
・サポート教員  熊谷政樹 (柏市立光ヶ丘中学校講師へ)
・理科教育支援員 熊井真知子(柏市立松葉中学校へ)
・図書館指導員  金指奈緒子(柏市立手賀中学校へ)
・教職卵研修生  金谷晴人 (我孫子市立新木小学校講師へ)
・サポート教員  石井正雄 (退職)
・用務員     藤崎 誠 (退職)    
  
  

11:45 | 投票する | 投票数(2)
2015/03/24

平成26年度 修了式

| by システム管理者
本年度の修了式を本日無事に終えることが出来ました。修了証書を代表者に渡し、無事に全員進級です。
 校長は、「自分に厳しく今年度をしっかりと反省し、4月からの新しい生活を考える休みにしよう」と話されました。
 一部生徒が落ち着きに欠け、怒られる場面もありましたが、ほとんどの生徒は、しっかりと考えながら参加できたと思います。
 平成26年度も終わりました。1学期の学年行事、体育祭、合唱祭、送る会と節目節目の行事を大成功させてきた歩み。どの場面でも、仲間とともに頑張る姿、笑顔が素敵な1年でした。
 保護者の皆様、地域の皆様、お陰様で大きく成長できた南部中、沢山のご支援の賜物です。心から感謝申し上げます。
 平成26年度辞校式は31日になります。重ねてお願い致します。
  
  

11:44 | 投票する | 投票数(0)
2015/03/13

平成26年度第41回卒業証書授与式・挙行

| by システム管理者
第41回の卒業式が感動的に終わりました。
 朝から春の空気に包まれた卒業式。ギリギリまで来ない生徒達を心配するいつも通りの朝からスタートした。ご来賓の皆様も、目標の30名を超え、卒業生の晴れ姿を沢山の皆様に見守ってもらえる。幸せなスタートです。ありがとう御座います。
 厳粛な雰囲気で式はスタートした。いよいよ一人ひとりに卒業証書を手渡す。同じ言葉になってしまうが、一人ひとりに心を込めて「おめでとう」と声をかけて手渡すと笑顔で「がんばります」と応えてくれる。どの生徒も必ず目を見て「応えてくれる」なんと素晴らしい卒業生。感動しました。
  
  

11:43 | 投票する | 投票数(0)
2015/03/13

卒業式(2)

| by システム管理者
担任の先生の思いのこもった「呼名」に対して、思いのこもった「返事」
これも感動でした。それぞれが「先生心配しないで、頑張るから」と聞こえてくる。まさに、義務教育最後、自立心の目覚めです。保護者の皆様まで渡す瞬間の笑顔が届いただろうか。
 校長式辞、三つの勇気を贈る。「挑戦する勇気」、「我慢する勇気」、「守る勇気」。読みながらふと顔を上げると、卒業生達のきりりとした眼差しを感じ、共に過ごした日々が走馬燈の様に駆け巡る。文字が滲んで見えなくなった。すみません、何度もつまってしまいました。
  
  

11:43 | 投票する | 投票数(1)
2015/03/13

卒業式(3)

| by システム管理者
在校生代表の西谷君の送辞。自分の思いを見事に表現していた。一生懸命責任を果たそうとけなげに頑張る姿、とても立派でした。確実に想いは伝わりました。また、答辞の大川君。代々引き継がれて来た「花の種の話し」確実に後輩諸君にバトンは渡りました。壇上から前を向いて、保護者の皆様に「感謝」の言葉。素敵でした。保護者の皆様も今までの苦労が報われた瞬間です。合唱も良かった。特に1,2年生。本当に素晴らしい歌声だった。卒業生もこらえていた涙が溢れる瞬間でした。
  
  

11:41 | 投票する | 投票数(0)
12345